Recent changes RSS feed

大和物語

第106段 故兵部卿の宮この女のかかることまだしかりける時よばひ給ひけり・・・

校訂本文

故兵部卿の宮1)、この女2)のかかることまだしかりける時3)、よばひ給ひけり。

皇子、

  荻の葉のそよぐごとにぞうらみつる風にうつりてつらき心を

これも、同じ宮、

  浅くこそ人は見るらめ関川の絶ゆる心はあらじとぞ思ふ

女の返事、

  関川の岩間をくぐる水浅み絶えぬべくのみ見ゆる心を

かくて、この女、出でてもの聞こえなんどはすれども、逢はでのみありければ、皇子、おはしましたりけるに、月のいと明かかりければ、詠み給ひける。

  夜な夜なにいつも見しかどはかなくて入りにし月と言ひてやみなん

とのたまひけり。

かくて、扇(あふぎ)を落し給へりけるを、取りて見れば、知らぬ女の手にて、かく書けり。

  忘らるる身はわれからのあやまちになしてだにこそ君を恨みね

と書けりけるを見て、その片端(かたはし)に書き付けて奉りける。

  ゆゆしくも思ほゆるかな人ごとにうとまれにける世にこそありけれ

となん。

また、この女、

  忘らるるときはの山も音(ね)をぞなくあきの野虫の声に乱れて

返し、

  なくなれどおぼつかなくぞ思ほゆる声聞くことの今はなければ

また、同じ宮、

  雲居にて世を経るころは五月雨(さみだれ)のあめの下にぞ生けるかひなき

返し、

  ふればこそ声も雲居に聞こえけめいとどはるけき心地のみして

翻刻

なりにけりこひやうふきやうの
みやこの女のかかることまたしかり
けるときよはひたまひけり御こ
  おきの葉のそよくことにそうら
  みつるかせにうつりてつらき心を
これもをなしみや/d8r
  あさくこそひとはみるらめせきか
  はのたゆるこころはあらしとそ思ふ
    かへし
(女の返事)せきかはのいはまをくくるみつあ
     さみたえぬへくのみみゆるこころを
かくてこの女いててものきこえなんとは
すれともあはてのみありけれは御こ
おはしましたりけるに月のいとあか
かりけれはよみ給ける
  よなよなにいつもみしかとはかなくて
  いりにし月といひてやみなん
とのたまひけりかくてあふきををと/d8l
したまえりけるをとりてみれはし
らぬ女のてにてかくかけり
  わすらるる身はわれからのあやま
  ちになしてたにこそ君をうらみね
とかけりけるをみてそのかたはしに
かきつけてたてまつりける
  ゆゆしくもおもほゆるかなひとこと
  にうとまれにけるよにこそありけれ
となん又この女
  わすらるるときはのやまもねをそ
  なくあきの野むしのこゑにみたれて/d9r
かへし
  なくなれとおほつかなくそおも
  ほゆるこゑきくことのいまはなけれは
又おなしみや
  雲井にてよをふるころはさみた
  れのあめのしたにそいけるかひなき
かへし
  ふれはこそこゑも雲井にきこへ
  けめいととはるけき心ちのみして/d9l
1)
陽成天皇皇子元良親王
2)
平中興の女
3)
中興の女が浄蔵と関係を持つ前。15段参照
text/yamato/u_yamato106.txt · 最終更新: 2017/08/23 18:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa