Recent changes RSS feed

大和物語

第104段 滋幹の少将に女・・・

校訂本文

滋幹(しげもと)1)の少将に、女、

  恋しさに死ぬる命を思ひ出でて問ふ人あらばなしと答へよ

少将、返し

  からにだにわれ来たりてへ露の身の消えばともにと契りおきてき/d6l

翻刻

藤原滋幹(大納言国経男母棟梁女延喜四年六月/右少将元右兵衛佐)
しけもとの少将に女 承平元年六十
  こひしさにしぬるいのちをおもひいて
  てとふひとあらはなしとこたえよ
少将返し/d6r
からにたに我きたりてへつゆのみ
のきえはともにとちきりをきてき/d6l
1)
藤原滋幹
text/yamato/u_yamato104.txt · 最終更新: 2017/08/22 22:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa