ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yamato:u_yamato098

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:yamato:u_yamato098 [2017/08/19 23:37] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +大和物語
 +====== 第98段 同じ太政大臣左の大臣の御母の菅原の君隠れ給ひにけるころ・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +同じ太政大臣(おほきおとど)((藤原忠平。[[u_yamato097|97段参照]]))、左の大臣(おとど)((藤原実頼))の御母の菅原の君((宇多天皇皇女源順子。傾子・頎子と記されることもある。))、隠れ給ひにけるころ、御服はて給ひにけるころ、亭子の御門((宇多天皇))なん、内裏(うち)((醍醐天皇))に御消息(せうそこ)聞こえ給ひて、色ゆるされ給ひける。
 +
 +されば、大臣、いときよらに、蘇芳襲(すはうがさね)など着給ひて、后宮((醍醐天皇后藤原穏子))に参り給ひて、「院の御消息の、いと嬉しく侍りて、かく色ゆるされて侍ること」など聞こえ給ひて、詠み給ひける。
 +
 +  脱ぐをのみ悲しと思ひし亡き人の形見の色はまたもありけり
 +
 +とてなん泣き給ひける。そのほどは中弁になん、ものし給ひける。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  同おほきおとと左のおととの御ははの
 +  すかはらのきみかくれたまひにけるころ御ふくはて給にけるころ/d48l
 +
 +  ていしの御かとなんうちに御せうそこ
 +  きこえ給ていろゆるされたまひける
 +  されはおとといときよらにすわうかさね
 +  なときたまひて后宮にまいり給て
 +  院の御せうそこのいとうれしく侍て
 +  かくいろゆるされて侍ことなときこ
 +  え給てよみ給ける
 +    ぬくをのみかなしとおもひしなき
 +    ひとのかたみのいろはまたもありけり
 +  とてなんなきたまひけるそのほと
 +  は中弁になんものしたまひける/d49r
  


text/yamato/u_yamato098.txt · 最終更新: 2017/08/19 23:37 by Satoshi Nakagawa