Recent changes RSS feed

大和物語

第91段 三条の右の大臣の中将にいまそかりける時祭の使にさされて・・・

校訂本文

三条の右の大臣(おとど)1)の、中将にいまそかりける時、祭2)の使(つかひ)にさされて、出で給ひける。

通ひ給ひける女の、絶えて久しくなりにけるに、「かかることなん出で立つ。扇持たるべかりけるを、騒がしくてなん忘れにける。一つ給へ」と言ひやり給へりけり。よしある女なりければ、「よくておこせてん」と思ひけるに、色などもいと清らかなる扇の、香(か)などいとかうばしくて、おこせ たりけり。引き返したる裏の、端の方(かた)に書きたりける、

  ゆゆしとて忌むとも今はかひもあらじ憂きをばこれに思ひそめてん

とあるを見て、「いとあはれ」と思して、返し、

  ゆゆしとて忌みけるものをわがために無しと言はぬは誰(た)がつらきなり

翻刻

延喜八年二月二日右近中将元年四月参議兼卅七
三条の右のおととの中将にいまそかり
けるときまつりのつかひにさされて
いてたまひけるかよひ給けるをんなの/d44l
たえてひさしくなりにけるにかか
ることなんいてたつあふきもたる
へかりけるをさはかしくてなん
わすれにける一給へといひやり給えり
けりよしある女なりけれはよく
ておこせてんとおもひけるにいろ
なともいときよらかなるあふき
のかなといとかうはしくておこせ
たりけりひきかへしたるうら
のはしのかたにかきたりける
  ゆゆしとていむともいまはかひも/d45r
  あらしうきをはこれにおもひそめてん
とあるをみていとあはれとおほして
かへし
  ゆゆしとていみけるものをわか
  ためになしといはぬはたかつらきなり/d45l
1)
藤原定方
2)
賀茂祭
text/yamato/u_yamato091.txt · 最終更新: 2017/08/18 01:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa