Recent changes RSS feed

大和物語

第89段 修理の君に右馬の頭住みける時方のふたがりければ・・・

校訂本文

修理の君に、右馬(むま)の頭(かみ)1)住みける時、方(かた)のふたがりければ、「方違へにまかるとてなん、え参り来ぬ」と言へりければ、

  これならぬことをも多く違ふれば恨みむ方もなきぞわびしき

かくて、右馬の頭、行(い)かずなりにけるころ、詠みておこせたりける。

  いかでなほ網代(あじろ)の氷魚(ひを)に言問はん何によりてかわれを問はぬと

と言へりければ、返し、

  網代よりほかには氷魚のよるものか知らずは宇治(うぢ)の人に問へかし

また、同じ女に通ひける時、つとめて詠みたりける。

  明けぬとて急ぎもぞする逢坂の霧立ちぬとも人に聞かすな

男、はじめごろ詠みたりける。

  いかにしてわれは消えなん白露(しらつゆ)のかへりてのちのものは思はじ

返し、

  垣ほなる君が朝顔見てしがな帰りてのちはものや思ふと

同じ女に、けぢかくものなと言ひて、帰りてのちに詠みてやりける。

  心をし君にとどめて来にしかばもの思ふことはわれにやあるらん

修理の返し、

  魂はをかしきこともなかりけりよろづのものはからにぞありける

翻刻

内匠允藤真行女
修理のきみにむまのかみすみける時
かたのふたかりけれはかたたかへ
にまかるとてなんえまいりこぬといえ
りけれは
  これならぬことをもおほくたか
  ふれはうらみむかたもなきそわひしき/d43r
かくて右馬のかみいかすなりにける比よ
みてをこせたりける
  いかてなをあしろのひをにこととはん
  何によりてかわれをとはぬと
といへりけれはかへし
  あしろよりほかにはひをのよるものか
  しらすはうちの人にとへかし
又おなし女にかよひける時つとめて
よみたりける
  あけぬとていそきもそする逢坂の
  きりたちぬとも人にきかすな/d43l
おとこはじめころよみたりける
  いかにしてわれはきえなんしら露の
  かへりてのちのものはおもはし
かへし
  垣ほなるきみかあさかほみてしかな
  かへりてのちはものや思ふと
おなし女にけちかく物なといひて帰りて
のちによみてやりける
  心をし君にととめてきにしかは
  ものおもふことはわれ(からイ)にや有らん
修理の返し/d44r
たましゐはをかしきこともなか
りけりよろつのものはからにそありける/d44l
1)
諸本「右馬(むま)の允(ぜう)」で「藤原の千兼」。13段参照
text/yamato/u_yamato089.txt · 最終更新: 2017/08/18 00:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa