Recent changes RSS feed

大和物語

第88段 同じ男紀の国に下るに寒しとて衣を取りにおこせたりければ・・・

校訂本文

同じ男1)、紀の国2)に下るに、「寒し」とて、衣(きぬ)を取りにおこせたりければ、女、

  紀の国の牟婁(むろ)の郡(こほり)に行く人は風の寒さも思ひ知られじ

返し、男、

  紀の国の牟婁の郡に行きながら君とふすまのなきぞわびしき

翻刻

おなしおとこきのくににくたる
に寒しとてきぬをとりにおこせたりけれ
はをんな
  きのくにのむろのこほりにゆく/d42l
  ひとはかせのさむさもおもひしられし
かへしおとこ
  きのくにのむろのこほりにゆき
  なからきみとふすまのなきそわひしき/d43r
1)
兵庫頭。87段参照
2)
紀伊国
text/yamato/u_yamato088.txt · 最終更新: 2017/08/13 14:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa