Recent changes RSS feed

大和物語

第86段 正月のついたちごろ大納言殿に兼盛参りたりけるに・・・

校訂本文

正月(むつき)のついたちごろ、大納言殿1)に、兼盛2)参りたりけるに、ものなどのたまはせて、すずろに、「歌詠め」とのたまひければ、

  今日よりは荻の焼け原3)かき分けて若菜つみにと誰を誘はん

と詠みたりければ、ことにめで給ひて、御返し、

  片岡にわらび萌えずはたづねつつ心やりにや若菜つままし

となん詠み給ひける。

翻刻

むつきのついたちころ大納言とのに
かねもりまいりたりけるに物なと
のたまはせてすすろにうたよめと/d41l
のたまひけれは
  けふよりはをきのやへはらかき
  わけてわかなつみにとたれをさそはん
とよみたりけれはことにめて給て
御返し
  かたをかにわらひもえすはたつね
  つつこころやりにやわかなつままし
となんよみ給ける/d42r
1)
藤原顕忠
2)
平兼盛
3)
底本「やへ原」。季節が合わないため、諸本により訂正
text/yamato/u_yamato086.txt · 最終更新: 2017/08/13 13:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa