ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yamato:u_yamato081

大和物語

第81段 季縄の少将のむすめ右近故后宮にさぶらひけるころ・・・

校訂本文

季縄(すゑなは)の少将1)のむすめ右近、故后宮にさぶらひけるころ、故中納言敦忠2)の君、おはしけるころ、頼め給ふことなどありけるを、宮に参ること絶えて、里にありけるに、さらに問ひ給はざりけり。

同じわたりの人の来たりけるに、「いかにぞ、参り給ふにや」と問ひければ、「つねにさぶらひ給ふ」と言ひければ、御文(おんふみ)奉り給ひける。

  忘れじと頼めし人はありと聞く言ひし言の葉いづちいにけん

となんありける。

翻刻

すゑなはの少将のむすめ右近故后/d39l
宮にさふらひけるころ故中納言敦忠
のきみおはしけるころたのめたまふ
ことなとありけるを宮にまいること
たえてさとにありけるにさらに
とひたまはさりけりおなしわたり
のひとのきたりけるにいかにそまい
り給にやととひけれはつねにさふらひ
たまふといひけれは御ふみたてま
つりたまひける
  わすれしとたのめしひとはあり
  ときくいひしことの葉いつちいにけん/d40r
となんありけるおなし女のもとに/d40l
1)
藤原季縄
2)
藤原敦忠


text/yamato/u_yamato081.txt · 最終更新: 2017/08/12 13:26 by Satoshi Nakagawa