Recent changes RSS feed

大和物語

第74段 同じ中納言殿の寝殿の前に少し遠く立てりける桜を・・・

校訂本文

同じ中納言1)、殿の寝殿の前に、少し遠く立てりける桜を、近く掘り植ゑ給ひけるが、枯れざまに見えければ、

  宿近く移して植ゑしかひもなく待ち遠(どほ)にのみ見ゆる花かな

と詠み給ひける。

翻刻

同中納言とののしんてむのまへにすこ
しとをくたてりけるさくらをちか
くをりうへ給けるかかれさまにみえけれは
  やとちかくうつしてうへしかひもな
  くまちとをにのみみゆるはなかな
とよみたまひける又おなし中納言/d37l
1)
藤原兼輔。73段参照
text/yamato/u_yamato074.txt · 最終更新: 2017/08/08 00:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa