Recent changes RSS feed

大和物語

第73段 人の国の守の下りける馬のはなむけを堤の中納言のして・・・

校訂本文

人の国の守の下りける馬のはなむけを、堤の中納言1)のして待ち給ひけるに、暮るるまで来ざりければ、言ひやり給ひける。

  別るべきともあるものをひねもすに待つとてさへも歎きつるかな

とありければ、まどひ来にけり。

翻刻

ひとのくにのかみのくたりけるむまの
はなむけをつつみの中納言のして
まちたまひけるにくるるまてこさ
りけれはいひやり給ける/d37r
  わかるへきともあるものをひね
  もすにまつとてさへもなけきつるかな
とありけれはまとひきにけり/d37l
1)
藤原兼輔
text/yamato/u_yamato073.txt · 最終更新: 2017/08/07 23:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa