Recent changes RSS feed

大和物語

第72段 同じ宮おはしましける時亭子院に住み給ひけり・・・

校訂本文

同じ宮1)、おはしましける時、亭子院に住み給ひけり。

この宮の御もとに、兼盛2)参りけり。召し出でて、もののたまひなどしけり。

失せ給て後、かの院を見るにいとあはれなり。池のいとおもしろきに、あはれなりければ、詠みける。

  池はなほ昔ながらの鏡にて影見し君がなきぞ悲しき

翻刻

おなし宮おはしましけるとき亭子/d36l
院にすみ給けりこのみやの御もとに
かねもりまいりけりめしいててもの
の給なとしけりうせ給てのちかの院
をみるにいとあはれなりいけのいとをも
しろきにあはれなりけれはよみける
  いけはなをむかしなからのかかみに
  てかけみしきみかなきそかなしき/d37r
1)
宇多天皇皇子敦慶親王。71段参照。
2)
平兼盛
text/yamato/u_yamato072.txt · 最終更新: 2017/08/07 22:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa