Recent changes RSS feed

大和物語

第71段 故式部卿宮失せ給ひける時は二月のつごもり花の盛りになんありける・・・

校訂本文

故式部卿宮1)失せ給ひける時は、二月(きさらぎ)のつごもり、花の盛りになんありける。

堤の中納言2)の詠み給ひける。

  咲きにほひ風待つほどの山桜人の世よりは久しかりけり

三条の右の大臣(おとど)3)の御返し、

  春々の花は散るとも咲きぬべしまた逢ひがたき人の世ぞ憂き

翻刻

故式部卿宮うせ給けるときはきさらき
のつこもり花のさかりになんありけるつ
つみの中納言のよみ給ける
  さきにほひかせまつほとのやまさく
  らひとのよよりはひさしかりけり
三条の右のおととの御かへし
  はるはるの花はちるともさきぬへし
  又あひかたき人のよそうき/d36l
1)
宇多天皇皇子敦慶親王
2)
藤原兼輔
3)
藤原定方
text/yamato/u_yamato071.txt · 最終更新: 2017/08/04 21:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa