Recent changes RSS feed

大和物語

第70段 同じ人に監の命婦楊梅をやりたりければ・・・

校訂本文

同じ人1)に、監の命婦、楊梅(やまもも)をやりたりければ、

  みちのくの安達の山ももろともに越えば別れの悲しからじを

となむ言ひける。

さて、堤なる家になん住みける。さて、鮎をなん捕りてやりける。

  賀茂川の瀬にふす鮎の魚(いを)捕りて寝でこそ明かせ夢に見えつや

かくて、この男、陸奥国(みちのくに)へ下りける便りに付けて、あはれなる文(ふみ)どもを書きおこせけるを、「道にて病(やまひ)してなん死にける」と聞きて、女、いとあはれなむど思ひける。

かく聞きて後、篠塚の駅(むまや)といふ所より、便りに付けて、あはれなることどもを書きたる文をなん持(も)て来たりける。いと悲しくて、「これ、いつのぞ」と問ひければ、使の久しくなりて持て来たりけるになんありける。

女、

  篠塚のむまやむまやと待ちわびし君はむなしくなりぞしにける

と詠みてなん泣きける。

童(わらは)にて殿上して、十七といひけるを、かうぶりして、蔵人所にをりて、金の使(つかひ)かけて、やがて親のともになん行くにありける。

翻刻

  みちのくのあたちのやまももろ
  ともにこゑはわかれのかなしからしを
  よひよひにこひしさまさるかり衣
  こころつくしのものにさり(そ有イ)ける
とよみたりけれは女めててなきけり
をなしひとにけむ命婦やまももを
やりたりけれは/d35r
となむいひけるさてつつみなるいへになん
すみけるさてあゆをなんとりてやり
ける
  かもかはのせにふすあゆのいをとり
  てねてこそあかせゆめにみえつや
かくてこのおとこみちのくにへくたり
けるたよりにつけてあはれなる
ふみともをかきをこせけるをみち
にてやまひしてなんしにけるときき
て女いとあはれなむとおもひけるかく/d35l
ききてのちしのつかのむまやといふ
ところよりたよりにつけてあはれな
ることともをかきたるふみをなんも
てきたりけるいとかなしくてこれいつ
のそととひけれはつかひのひさしくなり
てもてきたりけるになんありける女
  しのつかのむまやむまやとまちわひし
  きみはむなしくなりぞしにける
とよみてなんなきけるわらはにて殿
上して十七といひけるをかうふりし
て蔵人ところにをりてかねのつかひ/d36r
かけてやかてをやのともになんいくに
ありける/d36l
1)
藤原忠文の息子。69段参照
text/yamato/u_yamato070.txt · 最終更新: 2017/08/04 21:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa