Recent changes RSS feed

大和物語

第68段 枇杷殿よりとし子が家に柏木のありけるを折りに給はりけり・・・

校訂本文

枇杷殿1)より、とし子が家に柏木(かしはぎ)のありけるを、折りに給はりけり。

折らせて、書き付けて、奉りける。

  わが宿をいつかは君がならの葉のならし顔には折りにおこする

御返事

  柏木に葉守(はもり)の神のましけるを知らでぞ折りし祟(たた)りなさるな

翻刻

(左大臣仲平)枇杷殿よりとしこかいへにかしは木の
ありけるををりに給はりけりをら/d34r
せてかきつけてたてまつりける
  我やとをいつかはきみかならの葉の
  ならしかほにはをりにをこする
御返事
  かしは木にはもりの神のまし
  けるをしらてそおりしたたりなさるな/d34l
1)
藤原仲平
text/yamato/u_yamato068.txt · 最終更新: 2017/08/03 00:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa