Recent changes RSS feed

大和物語

第58段 同じ兼盛陸奥の国にて・・・

校訂本文

同じ兼盛1)、陸奥(みち)の国にて、閑院の三の皇子(みこ)2)の御むすこにありける人、黒塚といふ所に住みけり。そのむすめどもに、おこせたりける、

  陸奥(みちのく)の安達(あだち)の原の黒塚に鬼こもれりと聞くはまことか

と言ひたりけり。

かくて、「そのむすめを見む」と言ひければ、親3)、「まだ、いと若くなんある。今さるべからん折に」と言ひければ、「京に行く」とて、山吹に付けて、

  花盛り過ぎもやすると蛙(かはづ)鳴く井手の山吹うしろめたしも

と言ひけり。

かくて、「名取の御湯(みゆ)」といふことを、恒忠の君の妻(め)、詠みたるといふなん、この黒塚のあるじなりけり。

  大空の雲の通ひ路(ぢ)見てしがなとりのみゆけばあとはかもなし

となむ詠みたりけるを、兼盛の王(おほきみ)、聞きてとふところを、

  塩釜の浦には海人や絶えにけんなどすなどりの見ゆるときなき

となん詠みける。

さて、この心かけしむすめ、こと男して、京に上りたりければ、聞きて、兼盛、「上りものし給ふなるを、告げ給はせで」と言ひたりければ、「井手の山吹4)うしろめたしも」と言へりける文(ふみ)を、「これなん、陸奥(みちのく)のつと」とて、おこせたりければ、男、

  年を経て濡れわたりつる衣手(ころもで)を今日の涙に朽ちやしぬらん

と言へりけり。

翻刻

四品貞之親王清和第三母参議右兵衛督藤仲統女
散位従五位下源兼信
同かねもりみちのくににて閑院の三の
御この御むすこにありけるひとくろ
つかといふところにすみけりそのむ
すめともにおこせたりける
  みちのくのあたちのはらのくろ
  つかにおにこもれりときくはまことか
といひたりけりかくてそのむすめ
をみむといひけれは□やまたいとわかく/d28r
なんあるいまさるへからんをりにと
いひけれは京にいくとてやまふきに
つけて
  はなさかりすきもやするとかはつ
  なくいてのやまふきうしろめたしも
といひけりかくてなとりのみゆといふ
ことをつねたたのきみのめよみたる
といふなんこのくろつかのあるし
なりけり
  おほそらの雲のかよひちみてし
  かなとりのみゆけはあとはかもなし/d28l
となむよみたりけるを兼盛のおほ君
ききてとふところを
  しほかまのうらにはあまやたえに
  けんなとすなとりのみゆるときなき
となんよみけるさてこのこころかけしむす
めことをとこして京にのほりたりけ
れはききて兼盛のほり物し給なるを
つけ給はせてといひたりけれはゐての
やふきうしろめたしもといえりける
ふみをこれなんみちのくのつととてを
こせたりけれはおとこ/d29r
  としをへてぬれわたりつるころも
  てをけふのなみたにくちやしぬらん
といえりけり/d29l
1)
平兼盛
2)
清和天皇皇子貞元親王
3)
底本「□や」。お字破損。
4)
底本「やふき」。諸本により訂正。
text/yamato/u_yamato058.txt · 最終更新: 2017/07/22 12:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa