Recent changes RSS feed

大和物語

第54段 右京の大夫宗于の君にてうに当りける人博奕をして・・・

校訂本文

右京の大夫(かみ)宗于1)の君、にてう2)に当りける人、博奕(ばくやう)をして、親にもはらからにも憎まれければ、「足の向かん方(かた)へ行かむ」とて、人の国へなん行(い)きける。

さて、思ひける友達のもとへ、詠みておこせたりける。

  しをりして行く旅なれどかりそめの命知らねば帰りしもせじ

翻刻

右京のかみむねゆきのきみにてうに
あたりける人はくやうをしてをやに
もはらからにもにくまれけれはあしの
むかんかたへゆかむとて人のくにへなん
いきけるさておもひけるともたちの
もとへよみておこせたりける
  しをりしてゆくたひなれとかりそ
  めのいのちしらねはかえりしもせし/d26l
1)
源宗于
2)
「にらう」(二郎)か。
text/yamato/u_yamato054.txt · 最終更新: 2017/07/08 18:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa