Recent changes RSS feed

大和物語

第49段 また同じ御門斎院の皇女の御もとに菊に付けて・・・

校訂本文

また、同じ御門1)、斎院の皇女2)の御もとに、菊に付けて、

  ゆきて見ぬ人のためにと思はずは誰か折らましわが宿(やど)の菊

斎院の御返事、

  わが宿に色をりとむる君なくばよそにもきくの花を見ましや

翻刻

又おなしみかと斎院の御この御もとに
きくにつけて
  ゆきてみぬひとのためにとおもはす
  はたれかをらまし我やとのきく
さい院の御返事
  我やとにいろをりとむるきみなくは
  よそにもきくの花をみましや/d25l
1)
宇多天皇。前段参照
2)
宇多天皇第三皇女君子内親王
text/yamato/u_yamato049.txt · 最終更新: 2017/06/27 21:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa