Recent changes RSS feed

大和物語

第46段 平中閑院の御に絶えてのちほど経て逢ひたりけり・・・

校訂本文

平中1)、閑院の御(ご)に絶えてのち、ほど経て逢ひたりけり。

さて、のちに言ひおこせたりける。

  うちとけて君は寝ぬらんわれはしも露のおきゐて恋ひに明かしつ

女、返事、

  白露のおきふし誰を恋ひつらんわれは聞きおはず石(いそ)の神にて

翻刻

平中閑院のこにたえてのちほとへてあひ
たりけりさてのちにいひをこせたりける
  うちとけてきみはねぬらん我はしも
  つゆのおきゐてこひにあかしつ
をんな返事/d46l
しらつゆのおきふしたれをこひ
つらん我はききをはすいその神にて/d47r
1)
平貞文
text/yamato/u_yamato046.txt · 最終更新: 2017/06/26 21:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa