Recent changes RSS feed

大和物語

第45段 堤の中納言の君十三の皇子の母御息所を内裏に奉り給ひけるはじめに・・・

校訂本文

堤の中納言の君1)、十三の皇子2)の母御息所3)を、内裏(うち)に奉り給ひけるはじめに、「御門はいかが思し召すらん」など、いとかしこく思ひ歎き給ひける。

さて、御門に詠みて奉りける。

  人の親の心は闇にあらねども子を思ふ道にまどひぬるかな

先帝4)、いとあはれに思し召したりけり。御返事ありけれど、人は知らず。

翻刻

つつみの中納言の君十三の御このはは
宮す所をうちにたてまつりたま
ひけるはしめにみかとはいかかおほし
めすらんなといとかしこくおもひ/d24r
なけきたまひけるさてみかとによ
みてたてまつりける
  ひとのをやのこころはやみにあらねと
  もこを思ふみちにまとひぬるかな
先帝いとあはれにおほしめしたりけり
御返事ありけれとひとはしらす/d24l
1)
藤原兼輔
2)
醍醐天皇第十三皇子章明親王
3)
藤原桑子
4)
醍醐天皇
text/yamato/u_yamato045.txt · 最終更新: 2017/06/26 21:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa