Recent changes RSS feed

大和物語

第44段 同じ人にある人山へ登り給ふべき日はまだ遠くやあるいつぞと・・・

校訂本文

同じ人1)に、ある人、「山へ登り給ふべき日は、まだ遠くやある。いつぞ」と言へりければ、

  のぼり行く山の雲井の遠ければ日も近くなるものにぞありける

とぞ、言ひおこせたりける。

かくのみ、良からぬことの、あるが上に出で来ければ、

  のがるとも誰(たれ)か着ざらん濡れ衣はあめの下にも住まんかぎりは

と言ひけり。

翻刻

をなしひとにある人やまえのほり給へき
日はまたとをくやあるいつそといへりけれは/d23l
  のほりゆくやまの雲ゐのとをけ
  れは日もちかくなるものにそありける
とそいひをこせたりけるかくのみ
よからぬことのあるかうへにいてきけれは
  のかるともたれかきさらんぬれき
  ぬはあめのしたにもすまんかきりは
といひけり/d24r
1)
42段43段の恵秀
text/yamato/u_yamato044.txt · 最終更新: 2017/06/20 16:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa