Recent changes RSS feed

大和物語

第43段 この大徳房にしける所の前に切懸をなんせさせける・・・

校訂本文

この大徳(だいとく)1)、房にしける所の前(まへ)に、切懸(きりかけ)をなんせさせける。その削り屑に書き付けける。

  籬(まがき)する飛騨の匠のたつき音(おと)のあなかしがましなぞや世の中

なむど言ひて、「行ひしに深き山に入りなんず」と言ひて往にけり。

ほど経て、「いづくにかあらむ」とて、「深き山にこもり給ひぬとありしは、いづくぞ」と言ひやり給ひたりければ、

  なにばかり深くもあらず世のつねの比叡(ひえ)を外山(とやま)と見るばかりなり

横川といふところにあるなりけり。

翻刻

このたいとく房にしける所のまゑに
きりかけをなんせさせけるその
けつりくつにかきつけける/d23r
  まかきするひたのたくみのたつき
  をとのあなかしかましなそやよの中
なむといひてをこなひしにふかき山
にいりなんすといひていにけりほとへて
いつくにかあらむとてふかきやまに
こもりたまひぬとありしはいつくそ
といひやりたまひたりけれは
  なにはかりふかくもあらすよのつ
  ねのひえおとやまとみるはかりなり
よかはといふところにあるなりけり/d23l
1)
前段の恵秀
text/yamato/u_yamato043.txt · 最終更新: 2017/06/20 16:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa