Recent changes RSS feed

大和物語

第42段 恵秀といふ法師のある人の御験者つかうまつりけるほどに・・・

校訂本文

恵秀といふ法師の、ある人の御験者つかうまつりけるほどに、とかく世の中に言ふことありければ、詠みたりける。

  里はいふ山にはさはぐ白雲(しらくも)の空にはかなき身とやなりなん

とありける。

また、この人1)の御もとに詠みたりける。

  朝ぼらけわが身は庭のしもながら何を種にて心生ひけん

翻刻

ゑしうといふ法師のあるひとの御験者/d22l
つかうまつりけるほとにとかくよの
なかにいふことありけれはよみたりける
  さとはいふ山にはさはくしら雲の
  そらにはかなき身とやなりなん
とありける又このひとの御もとによみ
たりける
  あさほらけ我身はにはのしもな
  からなにをたねにてこころをひけん/d23r
1)
「ある人」に同じ。
text/yamato/u_yamato042.txt · 最終更新: 2017/06/17 23:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa