Recent changes RSS feed

大和物語

第39段 伊勢の守もろみちのむすめを正明の中将の君にあはせたりける時に・・・

校訂本文

伊勢の守もろみちのむすめを、正明(ただあきら)の中将1)の君にあはせたりける時に、そこなりけるうなゐをば、右京の大夫(かみ)2)呼び出でて、語らひて、朝(あした)に詠みておこせたりける。

  置く露のほどをも待たぬ朝顔は見ずぞなかなかあるべかりける

翻刻

源正明式部卿與史親王女左近中将天暦元年参議
天徳二年薨
伊勢のかみもろみちのむすめをたた
あきらの中将の君にあはせたりける時
にそこなりけるうなひをは右京のかみ
よひいててかたらひてあしたによみて
をこせたりける/d21r
  をくつゆのほとをもまたぬあさか
  ほはみすそなかなかあるへかりける/d21l
1)
源正明
2)
源宗于
text/yamato/u_yamato039.txt · 最終更新: 2017/06/17 22:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa