Recent changes RSS feed

大和物語

第38段 先帝の五の皇子の御むすめは一条の君といひて・・・

校訂本文

先帝1)の五の皇子2)の御むすめは、一条の君3)といひて、京極の御息所の御もとにさぶらひ給ひけり。

よくもあらぬことありて、まかで給ひて、壱岐(ゆき)の守の妻(め)にていますとて、

  たまさかに問ふ人あらばわたのはら歎きほにあげて往ぬと答へよ

翻刻

先帝の五の御この御むすめは一条の
きみといひて京こくの宮す所の御
もとにさふらひたまひけりよくも/d20l
あらぬことありてまかてたまひてゆき
のかみのめにていますとて
  たまさかにとふひとあらはわたの
  はらなけきほにあけていぬとこたえよ/d21r
1)
清和天皇
2)
貞平親王
3)
第13段参照
text/yamato/u_yamato038.txt · 最終更新: 2017/06/11 13:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa