Recent changes RSS feed

大和物語

第36段 伊勢の国に先の斎宮おはしましける時に・・・

校訂本文

伊勢の国に、先の斎宮1)おはしましける時に、堤の中納言2)、勅使にて下り給ひて、

  呉竹(くれたけ)のよよの都(みやこ)と聞くからに君は千年(ちとせ)のうたがひもなし

御返り事は聞かず。

かの斎宮のおはします所は、「多気(たけ)のみやこ」となんいひける。

翻刻

伊勢のくににさきの斎宮おはしまし
けるときにつつみの中納言勅使にて
くたり給て/d20r
  くれたけのよよのみやこときく
  からにきみはちとせのうたかひもなし
御返事はきかすかのさい宮のおはしま
す所はたけのみやことなんいひける/d20l
1)
宇多天皇皇女柔子親王
2)
藤原兼輔
text/yamato/u_yamato036.txt · 最終更新: 2017/08/12 17:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa