Recent changes RSS feed

大和物語

第30段 故右京の大夫宗于の君なりいづべきほどに・・・

校訂本文

故右京の大夫(かみ)宗于(むねゆき)1)の君、なりいづべきほどに、「わが身のえなりいでぬこと」と思ひ給ひけるころほひ、亭子の御門2)に、紀伊国(きのくに)より石付きたる海松(みる)をなん奉りけるを題にて、人々、歌詠みける。

右京の大夫。

  沖つ風ふけゐの浦に立つ波の名残にさへやわれは沈まむ

翻刻

故右京のかみむねゆきのきみなり
いつへきほとにわか身のえなりいて
ぬこととおもひたまひけるころほひ
ていしの御かとにきのくによりいしつ
きたるみるをなんたてまつりけ
るをたいにてひとひとうたよみける
右京のかみ(宗于寛平六年正月七日従四位下/一品式部卿本康親王一男)/d18l
おきつかせふけいのうらにたつ
なみのなこりにさへや我はしつまむ/d19r
1)
源宗于
2)
宇多天皇
text/yamato/u_yamato030.txt · 最終更新: 2017/06/10 16:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa