Recent changes RSS feed

大和物語

第26段 桂の皇女いとみそかに逢ふまじき人に逢ひ給ひたりけり・・・

校訂本文

桂の皇女(みこ)1)、いとみそかに、逢ふまじき人に逢ひ給ひたりけり。

男のもとに、詠みておこせ給へりける。

  それをだに思ふこととてわが宿を見きとな言ひそ人の聞かくに

となんありける。

翻刻

かつらきの御こいとみそかにあふましき/d16l
ひとにあひたまひたりけりおとこの
もとによみてをこせたまえりける
  それをたにおもふこととて我や
  とをみきとないひそ人のきかくに
となんありける/d17r
1)
宇多天皇皇女孚子内親王。第20段参照。底本「かつらきの御こ」とあるのを諸本により訂正。
text/yamato/u_yamato026.txt · 最終更新: 2017/06/01 22:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa