Recent changes RSS feed

大和物語

第25段 比叡の山に明覚といふ法師の山籠りにてありけるに・・・

校訂本文

比叡(ひえ)の山に、明覚1)といふ法師の、山籠りにてありけるに、しとくにてましましける大徳(だいとく)の、はやう死にけるが室(むろ)に、松の木の枯れたるを見て、

  ぬしもなき宿に枯れたる松見れば千年(ちとせ)過ぎける心地こそすれ

と詠みたりければ、かの室に泊りたりける弟子ども、あはれがりけり。

この明覚は、とし子が兄人(せうと)なりけり。

翻刻

ひゑのやまに念明覚といふ法師のやま
こもりにてありけるにしとくにてま
しましけるたいとくのはやうしにける
かむろにまつの木のかれたるをみて
  ぬしもなきやとにかれたるまつみ
  れはちとせすきける心ちこそすれ
とよみたりけれはかのむろにとまり
たりけるてしともあはれかりけり此
明覚はとしこかせうとなりけり/d16l
1)
底本「念明覚」。諸本「念覚」「明覚」のいずれかとなっており、このテキストでは最後に「明覚はとしこかせうとなりけり」とあるので、明覚とした。
text/yamato/u_yamato025.txt · 最終更新: 2017/06/01 21:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa