Recent changes RSS feed

大和物語

第24段 先帝の御時に右大臣殿の女御上の御局に詣で上り給ひて・・・

校訂本文

先帝(せんてい)1)の御時に、右大臣殿の女御2)、上の御局(みつぼね)に詣で上り給ひて、さぶらひ給ひける。

「おはしましやする」とした待ち給ひけるに、おはしまさざりければ、

  ひぐらしに君まつ山のほととぎすとはぬときにぞ声も惜しまぬ

となむ聞こえ給ひける。

翻刻

先帝の御時に右大臣殿の女御うへの御
つほねにまうてのほりたまひてさふ
らひ給ひけるをはしましやするとしたまち
たまひけるにおはしまささりけれは
  ひくらしにきみまつやまのほとと
  きすとはぬときにそこゑもをしまぬ/d16r
となむきこえたまひける/d16l
1)
醍醐天皇・清和天皇などの説がある。
2)
藤原能子・藤原多美子などの説がある。
text/yamato/u_yamato024.txt · 最終更新: 2017/06/01 21:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa