Recent changes RSS feed

大和物語

第23段 陽成院の二の御子後蔭の中将の女に年ごろ住み給ひけるを・・・

校訂本文

陽成院1)の二の御子2)、後蔭の中将3)の女(むすめ)に、年ごろ住み給ひけるを、女五宮得奉り給ひて後、さらにとひ給はざりければ、「今はおはしますまじきなめり」と思ひ絶えて、いとあはれにて居給へりけるに、いと久しくありて、思ひかけぬほどにおはしましたりければ、えものも聞こえで、逃げて、戸の内に入りにけり。

帰り給ひて、御子、あしたに、「などか、『年ごろのことも申さむ』と思ひて詣で来たりしに、隠れ給ひにしも」と、ありければ、言葉はなくて、かくなん、

  せかなくに絶えと絶えにし山水(やまみづ)の誰しのべとか声を聞かせん

翻刻

元平弾正君後蔭延喜十年右少将四位同九月右中将/d15r
廿一年二月中納言有穂男
陽成院の二条のみこのち(俊)かけの中将のむ
すめにとしころすみたまひけるを
女五宮えたてまつりたまひてのちさら
にとひたまはさりけれはいまはおはします
ましきなめりとおもひたえていとあ
はれにてゐたまへりけるにいとひさしく
ありておもひかけぬほとにおはしま
したりけれはえものもきこえてに
けてとのうちにいりにけりかへり給
て御こあしたになとかとしころのことも申さむ/d15l
とおもひてまうてきたりしにかくれたま
ひにしもとありけれはことははなくて
かくなん
  せかなくにたえとたえにしやまみ
  つのたれしのへとかこゑをきかせん/d16r
1)
陽成天皇
2)
第二皇子元平親王。「二の御子」は底本「二条のみこ」。諸本により訂正。
3)
藤原後蔭。底本、「のちかけ」とあり、「俊」と傍書。俊蔭ともいう。
text/yamato/u_yamato023.txt · 最終更新: 2017/05/27 17:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa