Recent changes RSS feed

大和物語

第22段 良少将太刀の緒にすべき革を求めければ監の命婦なん・・・

校訂本文

良少将1)、太刀の緒にすべき革を求めければ、監の命婦なん、「わがもとにあり」と言ひて、久しく出ださざりければ、

  あだ人のたのめわたりしそめかはの色の深さを見てややみなん

となんいへりければ、監の命婦、めでくつがへりて、求めてやりけり。

翻刻

良少将たちのをにすへきかはをもと
めけれは監の命婦なんわかもとにあ
りといひてひさしくいたささりけれは
  あたひとのたのめわたりしそめ
  かはのいろのふかさをみてややみなん
となんいえりけれは監のみやうふめて
くつかえりてもとめてやりけり/d15r
1)
良峯宗貞・良峯仲連・良峯義方などの説がある。前話参照。
text/yamato/u_yamato022.txt · 最終更新: 2017/06/10 16:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa