Recent changes RSS feed

大和物語

第21段 良少将兵衛佐なりけるころ監の命婦になむ住みける・・・

校訂本文

良少将1)、兵衛佐なりけるころ、監の命婦になむ住みける。

女のもとに2)

  柏木(かしはぎ)の森の下草おいぬとも身をいたづらになさずもあらなん

返し、

  柏木の森の下草おいのよにかかる思ひはあらじとぞ思ふ

となん言ひける。

翻刻

良岑仲連天慶元年十二月任左少将元□兵衛佐
良少将兵衛佐なりけるころ監の命婦に
なむすみける女のもとに
  かしは木のもりのしたくさをひぬとも
  みをいたつらになさすもあらなん
かへし/d14l
  かしは木のもりのしたくさをひの
  よにかかるおもひはあらしとそおもふ
となんいひける/d15r
1)
良峯宗貞・良峯仲連・良峯義方などの説がある。
2)
諸本「女のもとより」。
text/yamato/u_yamato021.txt · 最終更新: 2017/06/10 16:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa