Recent changes RSS feed

大和物語

第19段 同じ人同じ御子の御もとに久しくおはしまさざりければ・・・

校訂本文

同じ人1)の御もとに、久しくおはしまさざりければ、秋のことなりけり。

  世に経れど恋もせぬ身の夕さればすずろにものの悲しきやなぞ

とありければ、御返し、

  夕暮れにもの思ふときは神無月われも時雨(しぐれ)におとらさりけり

となむありける。

心に入らで、悪しくなん詠み給ひける。

翻刻

とありけるをなし人をなし御子の御/d13l
もとにひさしくおはしまささりけれは
あきのことなりけり
  よにふれとこひもせぬ身のゆふさ
  れはすすろにもののかなしきやなそ
とありけれは御かへし
  ゆふくれにものおもふときは神な
  月われもしくれにおとらさりけり
となむありけるこころにいらてあしくなん
よみたまひける/n14r
1)
二条の御息所。前段)参照。)、同じ御子((式部卿宮(宇多天皇皇子敦慶親王)。前段)参照。
text/yamato/u_yamato019.txt · 最終更新: 2017/05/26 11:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa