Recent changes RSS feed

大和物語

第17段 故式部卿宮の出羽の御に継父の少将住みけるを・・・

校訂本文

故式部卿宮1)の出羽(いでは)の御(ご)に、継父(ままちち)の少将2)住みけるを、離れてのち、女、薄(すすき)に文(ふみ)を付けてありければ、少将、

  秋風になびく尾花は昔見したもとに似てぞ恋しかりける

となむ言へりければ、出羽の御、返り事、

  たもとともしのばざらまし秋風になびく尾花のおどろかさずは

翻刻

故式部卿宮のいてはのこにままちちの少将
すみけるをはなれてのち女すすきに
ふみをつけてありけれは少将/d13r
  あきかせになひくおはなはむかし
  みしたもとににてそこひしかりける
となむいへりけれはいてはのこ返事
  たもとともしのはさらまし秋かせ
  になひくおはなのおとろかさすは/d13l
1)
宇多天皇皇子敦慶親王
2)
前段参照。
text/yamato/u_yamato017.txt · 最終更新: 2017/05/21 14:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa