Recent changes RSS feed

大和物語

第15段 また、釣殿の宮に若狭の御といひける人を召したりけるが・・・

校訂本文

また、釣殿の宮1)に、若狭の御(ご)といひける人を召したりけるが、またも召しなかりければ、詠みて奉りける。

  数ならぬ身に置く夜の白玉は光見えさすものにぞありける

と詠みて奉りたりければ、見給ひて、「あな、おもしろの玉の歌詠みや」となんのたまひける。

翻刻

又つりとののみやにわかさのこといひける
ひとをめしたりけるか又もめし
なかりけれはよみてたてまつりける
  かすならぬみにをくよるのしら
  たまはひかりみえさすものにそありける
とよみてたてまつりたりけれはみ給て/d12l
あなをもしろのたまのうたよみやと
なんの給ける/d13r
1)
光孝天皇皇女綏子内親王。陽成院妃
text/yamato/u_yamato015.txt · 最終更新: 2017/05/21 13:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa