Recent changes RSS feed

大和物語

第14段 本院の北の方の御弟の童名をおほつふねといふいますかりけり・・・

校訂本文

本院1)の北の方2)の御弟(みおとうと)の童(わらは)、名を「おほつふね」といふ、いますかりけり。

陽成院の御門に奉りたりけるを、おはしまさざりければ、詠みて奉りける、

  あらたまの年は経ねども猿沢の池の玉藻(たまも)は見つべかりけり

翻刻

敦忠中納言母在原棟梁女
本院のきたのかたのみをとうとの
わらは名をををつふねといふいます/d12r
かりけり陽成院のみかとにたて
まつりたりけるをおはしまささり
けれはよみてたてまつりける
  あらたまのとしはへねともさるさは
  のいけのたまもはみつへかりけり/d12l
1)
藤原時平
2)
在原棟梁の娘
text/yamato/u_yamato014.txt · 最終更新: 2017/05/21 13:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa