Recent changes RSS feed

大和物語

第12段 同じおとどかの宮を得奉り給ひて・・・

校訂本文

同じ大臣(おとど)1)、かの宮2)を得(え)奉り給ひて、御門3)のあはせ奉り給ひたりけれど、始めごろ、忍びてよなよな 通ひ給ひけるころ、帰りて、

  明くといへば静心(しづごころ)なき春の夜(よ)の夢とや君を夜(よる)のみは見ん

翻刻

おなしおととかのみやをえたてまつり
給てみかとのあはせたてまつり給た
りけれとはしめころしのひてよなよな
かよひたまひけるころかへりて/d11r
  あくといへはしつこころなき春のよ
  のゆめとやきみをよるのみはみん/d11l
1)
前段の源清蔭
2)
醍醐天皇皇女韶子内親王
3)
宇多天皇
text/yamato/u_yamato012.txt · 最終更新: 2017/06/06 01:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa