Recent changes RSS feed

大和物語

第10段 監の命婦堤にありける家を人に売りて後・・・

校訂本文

監の命婦1)、堤(つつみ)にありける家を人に売りて後、粟田といふところに行きけるに、その家の前を渡りければ、詠みたりける。

  ふるさとをかはと見つつも渡るかな淵瀬(ふちせ)ありとはむべも言ひけり

翻刻

監の命婦つつみにありけるいへをひとに
うりてのちあはたといふところにいき
けるにそのいへのまへをわたりけれは
よみたりける/d10r
  ふるさとをかはとみつつもわたるかな
  ふちせありとはむへもいひけり/d10l
1)
第8段参照
text/yamato/u_yamato010.txt · 最終更新: 2017/06/10 16:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa