Recent changes RSS feed

大和物語

第9段 桃園の兵部卿の宮失せ給ひて御はて九月つごもりにし給ひけり・・・

校訂本文

桃園の兵部卿の宮1)、失せ給ひて、御はて、九月つごもりにし給ひけり。

とし子2)、かの宮の北方に奉りける。

  おほかたの秋のはてだに悲しきに今日はいかでか君暮らすらん

「かぎりなく悲し」と思ひて、泣き居給へりけるに、かく言ひければ、

  あらばこそ初めもはても思ほえめ今日にもあはで消えにしものを

となむ返し給ひける。

翻刻

れにけり  敦固(二品兵部卿 延喜五年/寛平第四 母同延喜)九月七日薨
ももそののひやうふきやうのみやうせ給て
御はて九月つこもりにし給けりとしこ
かの宮の北方にたてまつりける/d9l
  おほかたのあきのはてたにかなし
  きにけふはいかてかきみくらすらん
かきりなくかなしとおもひてなきゐ
給えりけるにかくいひけれは
  あらはこそはしめもはてもおもほえめ
  けふにもあはてきえにしものを
となむかへし給ける/10r
1)
醍醐天皇第一皇子克明親王
2)
藤原千兼の妻。第3段参照
text/yamato/u_yamato009.txt · 最終更新: 2017/05/15 22:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa