ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yamato:u_yamato006

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:yamato:u_yamato006 [2017/05/12 16:20] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +大和物語
 +====== 第6段 朝忠の中将の人の妻にてありける人に忍びて会ひ渡りけるを・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +朝忠の中将((藤原朝忠))の、人の妻(め)にてありける人に、忍びて会ひ渡りけるを、女も思ひかはして住みけるほどに、かの男((女の夫))、人の国の守になりて下りければ、これもかれも、「いとあはれ」と思ひけり。
 +
 +さて、詠みてやりたる。
 +
 +  たぐへやるわが魂(たましひ)をいかにしてはかなき空にもて離るらん
 +
 +となむ、下りける日、言ひやりける。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  あさたたの中将の人のめにてありける人に
 +  しのひてあひわたりけるを女もおもひ
 +  かはしてすみけるほとにかの男人のく/d8r
 +
 +  にのかみになりてくたりけれはこれもか
 +  れもいとあはれとおもひけりさてよみて
 +  やりたる
 +    たくえやる我たましひをいかにして
 +    はかなきそらにもてはなるらん
 +  となむくたりける日いひやりける男/d8l
  


text/yamato/u_yamato006.txt · 最終更新: 2017/05/12 16:20 by Satoshi Nakagawa