Recent changes RSS feed

打聞集

第19話 弘法大師、請雨経の事

校訂本文

弘法大師1)、神泉へ行き請雨経の法をし給ふ。壇上に五尺ばかりの蛇の頸玉巻きたる、五寸ばかりの蛇の金色なるをこれに戴き出づ。しばらくあて、壇より当りて、池に入る。二十人の伴僧、並居れども、やんごとなき伴僧四人、僧、都合五人なむ見る。

やんごとなき僧の僧都、「これは何相」と問はるれば、大師、答へていはく、「天竺にある阿耨多池といふ池に住む善女龍王、この池に通ふ。これは、この法の験(しるし)有りとて、見たるなり」と答ふるほど、空にはかに曇りて、世界、雨遍(あまね)く降りぬ。

倶時、神泉池にて、これより後、御修法これを行はると云々。

翻刻

弘法大師為神泉行請雨経法給壇上ニ五尺許蛇ノ頸玉マキタル五寸許ノ蛇ノ金色
戴之出蹔アテ壇ヨリ当リテ池ニ入廿人伴僧並居トモ止无伴僧四人僧都合五人
ナム見止无僧ノ僧都コレハ何相ト問レハ大師答云天竺ニ有阿耨多池ト云池住ム
善女龍王此池ニ通フ此ハ此法ノ験有トテ見タル也ト答程空頓クモリテ世界雨遍
降ヌ具時神泉池ニテ此ヨリ後御修法行之云々/d31l

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1192812/31

1)
空海
text/uchigiki/uchigiki19.txt · 最終更新: 2018/05/19 15:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa