Recent changes RSS feed

打聞集

第7話 老者、他国に移す事

校訂本文

昔、七十に余れば、他国へ人を流しやる国ありけり。それに、一人の大臣、老母を持(も)たり。朝夕に見て、孝□1)しけり。かうする間に、七十に余りにたり。「朝に見て、夕見えぬほどだに2)、不審耐へがたう思ゆるに、まして、はるかなる国に流されば、いと悲しきことなり」と思ひて、土室を掘りて、家の角(すみ)に隠し居きつ。屋の人にだに、ことに知らせず。

かくて、年経るほどに、隣の国より同じやうなる馬を二疋率(ゐ)て来て、「これが祖子定めよ。さらずは、兵(いくさ)起こして、七日の内に国を亡ぼさむ」と言ひたる時に、王(みかど)、大臣を召して、「かかることなむある。いかに定むべきぞ。思ひて申せ」と仰せ給ふ時、大臣、「つぶと申すべきことにも候はざなり。まかり出でて、よく思ひめぐらかして、申し候はむ」と言ふ。心には、「隠をきたる祖の□老は、はかむなう聞き置きたることやある」と、心にくく思ゆれば、「まづ、行きて言ひ合はせむ」と思ひて、里へ出でぬ。

忍びて、祖の室に詣でて、「かかることこそあれ。いかがせむずる。もし、聞き給ひたることやある」と言ふ。祖答て云「はやう、若かりし折、かうやうのこと言ひき。その言ふやうは、『同様なる馬、祖を定むは、草を中に置きて、おほきて食くを子とは知るべし。任せて食ふをば祖と知るべし』などやうにこそ、聞きしか。さやうに奏し給へ」と言ふを聞きて、内に参りて、御前に候へば、「何ぞ、かの馬のことは」と仰せ給ふ。「かうやうになむ思えて候ふ。いかなるべきことにか」と申す。王、「げに、さも言はれたり」と仰せ給ひて、御前に二つの馬を召して、二つの中に草を置かる。その時に、げに一疋の馬はおほき食ひつ。一疋の馬は□が3)食ひ捨てたるを、後に食ふ。その時に、多く食ふを「子」と4)札(ふだ)を付け、今一疋には「祖」と札を付けて、遣(つか)はしつ。

また、同様に刊(けづ)りたる木の漆(うるし)塗りたるを、「本末定て」とて、また奉れり。同じ大臣を召して、「かかる事なむある」と仰せられければ、また前のごとく申して出でて、母のもとに行きて、「また、かかることなむある」など申しければ、母の5)言ふやう、「それはいと安し。水に浮かべて見るに、少し沈む方あらむ。その沈む方を本として、知るべきなり」と言ひ6)ければ、「かくなむ思ひ得」と申しければ、申すままに、水に入れて御覧ずるに、少し沈みたる方あり。その方をば、「本」と書き付けて、遣はしつ。

また象を奉りて、これが重さの数(かず)数へて奉れ」と申したれば、「かうの□□□7)みじきわざかな」と思して、また、大臣を手まどひして召す。「このたびは、いみじきことあり」と、「え思ひ得じ」と思し召して、「いかがせむずる。今度(このたび)は、さらにえ思ゆまじきこと」なと仰せらる。大臣、「げにさ候ふことなめり8)。さりと まかり出でて、思ひめぐらかして、申し候はむ」と申して、まかでぬ。

王の思し召すやう、「わが前にても思ひ得つべきに、かく、里に出でつつ、思ひ得て来るは、心得ぬことかな。いかなることにか」と思し召す。

大臣、とばかりありて、帰り参りぬ。「これはしも、思ひ得がたくやあらむ」と思し召して、「何ぞ」と問ひ給ふ。大臣の申すやう、「象を船に乗せつ。沈むほどに水ぎはに墨書きつ。さて後に、象を下して、次に船に石を乗せつ。象乗せて書きつる墨のもとに水至る。その時に、石を秤(はかり)に懸けつつ量る。その後に、石数を数へて、すべて数へたる数をもつて、象の重さに数へあてて、『象の重さ、そこらぞある』といふことは知りぬ」。さて後、「象の重さ、いくらなむある」と書きて、帰し遣る。

あたの国に、知りがたき三つの物を、よく一事ならず言ひおこせたれば、その時に、いみじく讃め感ず。「賢き人、多かりける国なりけり。おほほけの上手は知るべくもあらぬことを、かくのみ言ひ当てておこすること、賢かりける国に、怨(あた)の心を発(おこ)しては、返りて打ちとられなむ。されば、したがひて仲良かるべきなり」。年ごろ挑みつる心、長く失せぬ。

さて、その王(みかど)、大臣を召して、「いかで、かかることは知りたるぞ。この国に恥を見せず、怨(あた)の国をも和(やはら)げけるつは、おほいまうち君9)の謀(たばか)りによりあることなれば、いみじう嬉しうなむ思ふ」

その時に、大臣、目より涙のこぼるるを、表衣の衿(そで)して、かいのごひ、鼻うちかみて申さく、「いにしへより、この国には、七十に余れば、他国に流し遣はすこと、沙汰に入れることなり。今始めたることにもあらず。しかるを、おのれが母、七十に余りて今年八年、朝夕の孝を送らむがために、屋の内に室を造りて候ふなり。『年老いたる者は、聞き広う候へば、もし聞きたることやある』とまかり出でつつ、問ひ候ひつるなり。この老人候はざらましかば」と申す時に、王(みかど)、仰せ給ふやう、「いかなることによりて、昔より老人を捨つることあらむ。今、これによりて、ことの心を思ふに、老を貴むべき国にこそありけれ。しかれば、遠国に遣はして、老者どもを、殊に女・上・中・下、とく召しに遣はすべき宣旨下すべし。また、『老人と捨つ』といふ国の名をば捨て、『養老国』と付くべし。

これより後(のち)、国の政事(まつりごと)平(たひら)かになりにけり。

翻刻

昔七十ニアマレハ他国ヘ人ヲ流ヤル国ニ有ケリソレニ一人大臣老母ヲモタリ朝夕ニ見テ
孝□シケリカウスル間ニ七十ニアマリニタリ朝ニ見テ夕□不見程タニ不審タヘカタウ/d17

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1192812/17

ヲホユルニ倍テ玄カナル国ニニ流レハイトカナシキ事也ト思テ土室ヲ掘テ家ノ角ニ
隠居ツ屋ノ人ニタニ殊ニ不知スカクテ年フルホトニ隣ノ国ヨリ同様ナル馬ヲ二疋
ヰテ来テ此カ祖子定ヨサラスハ兵(イクサ)起テ七日内国ヲホロホサムト云タル時ニ王(ミカ)ト
大臣ヲ召テカカル事ナム有ルイカニ定ヘキソ思テ申ト仰給フ時大臣ツフト申
ヘキ事ニモ不候サナリ罷出テテ能思メクラカシテ申候ハムト云心ニハ隠ヲキタル
祖ノ□老ハハカムナウ聞ヲキタル事ヤ有ト心ニククオホユレハ先イキテイヒ合ムト思テ
里ヘ出ヌシノヒテ祖ノ室ニマウテテカカル事コソアレイカカセムスル若聞キ給ヒタル事ヤアル
ト云フ祖答テ云「ハヤウ若(ワカカリ)シヲリカウヤウノ事云ヒキ其云様ハ同様ナル馬祖ヲ
定ハ草ヲ中ニヲキテヲホキテ食ヲ子トハ知ヘシ任テ食ヲハ祖ト知ヘシナトヤウニ
コソキキシカサヤウニ奏給ト云ヲ聞テ内ニ参テ御前ニ候ハ何ソ彼馬事ハト
仰給カウヤウニナム思エテ候フイカナルヘキ事ニカト申ス王ケニサモ云ハレタリト仰給テ
御前ニ二馬ヲ召テ二ノ中ニ草ヲ持(オカル)尓時ニケニ一疋馬ハオホキ食ツ一疋ノ馬ハ
□カ食ステタルヲ後食其時ニヲホククフヲ子□札(フタ)付今一疋ニハ祖ト札ヲ付テ
遣シツ又同様ニ刊(ケツリ)タル木漆(ウルシ)ヌリタルヲ本末定テトテ又進リ同大臣ヲ召テカカル
事ナム有ト仰ラレケレハ又如前申出母ノ本ニイキテ又カカル事ナムアルナト申ケレハ
□ノ云様ソレハイト安シ水ニ浮テ見ニ少シ沈(シツム)方有ム其沈方ヲ本トシテ知ヘキナリト/d18

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1192812/18

□ヒケレハカクナム思得ト申ケレハ申ママニ水ニ入テ御覧スルニ小沈タル方アリ其方ヲハ
本ト書付テ遣ツ又象ヲ進テコレカ重ノ数スカソヘテ進ト申タレハカウノ□□□ミシ
キワサカナト思シテ又大臣手マトヒシテ召此度ハイミシキ事アリトエ思得シトオホシ
食テ何セムスル今度ハ更ニエ思ユマシキ事ナト仰ラル大臣ケニササ候事ナ□リサリト
罷出テ思メクラカシテ申候ハムト申テマカテヌ王ノ思食様我前ニテモ思得ツヘキニ
カク里ニ出ツツ思得テクルハ心不得事カナイカナル事ニカト思食ス大臣ト許アリテ帰
参ヌコレハシモ思得カタクヤアラムト思食テ何ソト問ヒ給フ大臣ノ申様象ヲ船ニ乗ツ
沈ム程ニ水ツキハニ墨カキツサテ後ニ象ヲヲロシテ次ニ船ニ石ヲ乗ツ象乗テ書ル
墨ノモトニ水至其時ニ石ヲ秤(ハカリ)ニ懸ツツ量ル其後ニ石数ヲカソヘテ惣数タル
数ヲ以テ象重サニカソヘアテテ象重サソコラソ有ト云コトハ知ヌサテ後象重サ
イクラナム有ト書テ帰シ遣ルアタノ国ニ知リ難キ三ノ物ヲ能一事ナラス云ヒ
ヲコセタレハ尓時ニイミシクホメ感ス賢キ人多リケル国ナリケリヲホホケノ上手ハ
知ルヘクモ非ヌ事ヲカクノミイヒアテテヲコスル事賢コカリケル国ニアタ(㤪)ノ心ヲ発テハ返テ
打得レナムサレハ随テ中カ吉ルヘキナリ年来イトミツル心長失ヌサテソノ王(ミカ)ト大臣
ヲ召テイカテカカル事ハ知タルソ此国ニニハチヲミセスアタ(㤪)ノ国ヲモ和ケルツハ大マウチ君ノ
タハカリニヨリアル事ナレハイミシウウレシウナム思尓時ニ大臣目ヨリナミタノコホルル/d19

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1192812/19

ヲ表衣ノ衿テシテカイノコヒ鼻ウチカミテ申クイニシヘヨリ此国ニハ七十ニ余(アマレ)ハ
他国ニニ流(ナカシ)ツカハス事沙汰ニ入レル事也今始タル事ニモ非スシカルヲヲノレカ母七十
ニアマリテ今年八年朝夕ノ孝ヲ送ラムカタメニ屋ノ内ニ室ヲ造テ候也年
老ル物ハ聞キ広ウ候ハ若聞タル事ヤアルト罷出ツツ問候ツルナリ此老人候サラ
マシカハト申時ニ王ト仰給様イカナル事ニヨリテ昔ヨリ老人ヲ捨ル事アラム今コレニ
ヨリテ事ノ心ヲ思フニ老ヲ貴ムヘキ国ニコソアリケレ然ハ遠国ニ遣ハシテ老者共ヲ殊ニ
女上中下早(トク)召ニ遣ハスヘキ宣旨下スヘシ又老人ト捨ト云フ国ノ名ヲハ捨テ養老
国ト付ヘシ此レヨリ後チ国ノ政リ事ト平カニ也ニケリ/d20

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1192812/20

1)
底本一字判読不明。
2)
底本「夕□不見程タニ」。一字虫損
3)
底本「□が」一字判読できず。
4)
「子と」は底本「子□」一字虫損。文脈により補う。
5)
「母の」は底本「□ノ」。一字破損。文脈により補う。
6)
「言ひ」は底本「□ヒ」。一字破損。文脈により補う。
7)
底本、三字程度虫損。
8)
「さ候ふことなめり」は底本「サゝ候事ナ□リ」。□は虫損。文脈に従い訂正・補入。
9)
大臣を指す。
text/uchigiki/uchigiki07.txt · 最終更新: 2018/04/30 19:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa