Recent changes RSS feed

打聞集

第6話 大師、五鈷を投げ給ふ事

校訂本文

昔、弘法大師1)、唐に渡り給ひ、真言を恵果阿闍梨に習ひ給ひて、得給ひたりける。五古を、唐(もろこし)の岸に立ち給ひて、日本の方に向ひて、「われ、定に入りて、弥勒の御世にてあるべき所に、この五鈷2)落ちむ」と言ひて、投げ給ひければ、飛びて雲中に入る。

この国に帰りおはしまして、王(をほやけ)に伝得仏法真言の事など3)申し給ひて、東寺真言弘(ひろ)めなど持ちて、年、漸々老ひ給ふほどに、「わが投ぐる五鈷、落ちたらむ所尋ねむ」と思ひて、所々の山に見給へど無し。

紀伊国の伊都郷、高野(たかの)の山4)におはしたれば、年老いたる翁(をきな)、白毛馬に乗りて、山麓(やまふもと)におはして、鷹を使ひ往て、犬養ひ具したり。この鷹養、大師を問ひ奉る。「何(な)ぞの聖人の、かくては往き給ふぞ」と言へば、「唐にて、入定すべき所に、この五鈷は落つとて、投げし所、求め往くなり」といらへ給ふ。鷹養のいはく、「その所は、おのれこそ知りたれ」と、「おのれが馬の尻に立ちていませ。教へ奉(たいまつ)らむ」と言へば、「いと嬉しきことなり」と言ひて、馬の尻に立ちて往く。

山中に百丁ばかり入りぬ。山中の中は平くたち5)を臥せたるやうにて、めぐりに峰立ち上(のぼ)れり。檜、いはむかたなく、大きなる竹林の様に、生ひ並みたり。一本の檜の中、大きなる方のまたに、五鈷うち立てたり。喜び悲しぶことかぎりなし。これを定の所とは知りぬ。

この鷹養の翁、「聖人、ここに住み給はば、おのれは守り奉る身とあるべし」と言へば、大師、鷹養の6)翁に、「そこは誰(たれ)とか申す」と問ひ給へば、「丹生(にふ)の明神となむ7)申す」と言ひて、二人ながら、かい消つやうに失す。

大師、帰りて弟子ども具して、寺を造り、定の所も造りて、窟(ほら)を開きつつ、御髪を剃り、御装を着せかへ奉りなどしける。絶□□る8)こともせで、般若僧正9)の宗長者にておはしける折、この大師には曽孫(ひひご)弟子になむ当り給ひける、かやうに参り給ひて、この窟(ほら)を開け給ひたりければ、霧の立ちて、つつ闇(やみ)にて、物も見えざりければ、しばしばかりありて、霧の居るを見る。御装の朽ちたりけるに、風の入りて吹きければ、塵(ちり)になりて吹き立てられけるが、霧とは見るなりけり。

□り10)、静まりて後に、大師は見え給ひける。御髪は一尺ばかり生ひておはしければ、水沐浄衣を着□む。御髪は新かふ剃りして、剃り奉り給ひける。水精念珠の朽ちて絶えにければ、御前に散りたりけるを、取り聚(あつ)めて、緒(を)うるわしうすげて、御手に繋け奉り給へりけり。御装なむいみじく浄くしまうけて着奉り給ひて、窟掘りふたぎ給ふとてなむ、今始めて別れむやうに、不覚に泣き給ひける。

其より後は、怖れ奉りて、開くる人なし。ただし、人の参りたる折は、上なる堂の戸、少し開き、山にもの鳴る折は、鐘を打つ音など、種々あやしきことあり。鳥の音□ぬ11)山なり。つゆもの怖しからず。坂、一・二丁ばかり下りて、丹生(にふ)の高野(たかの)の二つの明神は鳥居を並べてなむおはすめる。希有(けう)なる所とて、今に人参る。女人は登らず。

翻刻

昔弘法大師唐渡給真言恵(ケイ)果阿闍梨ニ習給テ得給タリケル五古ヲ唐(モロコシノ)岸ニ
立給テ日本方ニ向テ我定ニ入テ弥勒ノ御世ニテ有ヘキ所ニ此五古落ト云テ
投給ケレハ飛雲中ニ入此国帰坐テ王(ヲホヤケ)ニ伝得仏法真言ノ事□ト申給テ
東寺真言弘メナト持テ年漸々老給程ニ我投五古落タラム所尋ト思
テ所々ノ山ニ見給ト无紀伊国ノ伊都(ト)郷タカノノ山ニヲハシタレハ年老ヲキナ白毛馬ニ
乗テ山フモトニヲハシテ鷹ヲツカヒ往テ犬養具タリ此鷹養大師ヲ問奉ルナソ
ノ聖人ノカクテハ往給ソト云ハ唐ニテ入定スヘキ所ニ此五古ハ落トテ投シ所求
往ナリトイラヘ給鷹養ノ云ク其所ハヲノレコソ知タレトヲノレカ馬尻ニ立テイマセ
ヲシヘタイマツラムト云ハイトウレシキ事ナリト云テ馬尻ニ立テ往山中ニ百丁許入ヌ
山中ノ中ハ平クタチヲ臥タル様ニテメクリニ峯タチノホレリ檜イハム方ナク大ナル
竹林ノ様ニ生並タリ一本檜中大ル方マタニ五古ウチ立テタリ喜悲事限无
此ヲ定ノ所トハ知ヌ此鷹養ノヲキナ聖人此ニ住給ハヲノレハ守リ奉ル
身トアルヘシト云ハ大師鷹養□ヲキナニソコハタレトカ申ト問給ハニフノ明神ト/d16

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1192812/16

□ム申スト云テ二人ナカラカイケツヤウニ失大師帰テ弟子共具テ寺造定ノ
所モ造テ窟(ホラ)ヲ開ツツ御髪ヲソリ御装ヲキセ返奉ナトシケル絶□□ル事
モセテ般若僧正ノ宗長者ニテヲハシケルヲリ此大師ニハヒヰコ弟子ニナムアタリ
給ヒケルカヤウニ参給テ此窟ヲ開給タリケレハ霧ノ立テツツヤミニテ物モ見
エサリケレハシハシ許有テ霧ノ居ルヲ見御装ノクチタリケルニ風ノ入テ吹キ
ケレハチリニ成テ吹立ラレケルカ霧トハ見ル也ケリ〓リシツマリテ後ニ大師ハ見エ
給ケル御髪ハ一尺許生テ御坐ケレハ水沐浄衣ヲ着□ム御髪ハ新カフソリ
シテ剃奉リ給ヒケル水精念珠ノクチテ絶ニケレハ御前ニ散タリケルヲ
取リ聚テ緒ウルワシウスケテ御手ニ繋奉給ヘリケリ御装ナムイミシク浄シ
マウケテ着奉給テ窟ホリフタキ給トテナム今始テ別レム様ニ不覚ニ泣給ケル
其ヨリ後ハ怖奉テ開ル人无シ只シ人ノ参タルヲリハ上ナルタウノ戸スコシ開
山ニ物ナルヲリハ鐘ヲ打音ナト種々アヤシキ事有鳥ノ音□不ヌ山ナリ
ツユ物怖カラス坂一二丁許下テニフノタカノノ二ノ明神ハ鳥居ヲ並テナム
ヲハスメルケフナル所トテ于今人参女人ハ不登/d17

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1192812/17

1)
空海
2)
底本「五古」。以下すべて同じ。なお目録の標題は「五𦙶」。
3)
「など」は底本「□ト」。一字虫損。文脈により補入。
4)
高野山
5)
鉢の誤りか。
6)
「鷹養の」は、底本「の」虫損。文脈により補う。
7)
「なむ」底本「な」破損。文脈により補う。
8)
底本、二字程度虫損。
9)
『今昔物語集』11-25によると、「般若寺の観賢僧正」
10)
□は漢字のように見えるが、判読できず。「塵り」か「霧り」と考えられるが、いずれの字形でもない。
11)
底本「音□不ヌ」。
text/uchigiki/uchigiki06.txt · 最終更新: 2018/05/19 16:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa