Recent changes RSS feed

徒然草

第241段 望月の円かなることはしばらくも住せずやがて欠けぬ・・・

校訂本文

望月(もちづき)の円(まど)かなることは、しばらくも住せず、やがて欠けぬ。心とどめぬ人は、一夜の中(うち)に、さまで変るさまも見えぬにやあらん。

病の重(おも)るも、住(じゆう)するひまなくして、死期(しご)すでに近し。されども、いまだ病急ならず、死におもむかざるほどは、常住平生(じやうじゆうへいぜい)の念に習ひて、「生(しやう)の中に多くのことを成(じやう)じて後、閑かに道を修せん」と思ふほどに、病を受けて死門にのぞむ時、所願一事も成ぜず。いふかひなくて、年月の懈怠(けだい)を悔いて、「このたび、もち立ちなほりて命を全(また)くせば、夜を日につぎて、このこと、かのこと、怠らず成じてん」と願ひをおこすらめど、やがて重りぬれば、われにもあらず、取り乱して果てぬ。このたぐひのみこそあらめ。このこと、まづ人々急ぎ心に置くべし。

所願を成じて後、暇(いとま)ありて、道に向はんとせば、所願尽くべからず。如幻(によげん)の生の中に、何事をかなさん。すべて、所願みな妄想(まうざう)なり。「所願心に来たらば、妄心迷乱(まうしんめいらん)す」と知りて、一事をもなすべからず。ただちに万事を放下(はうげ)して道に向ふ時、さはりなく、所作なくて、心身ながく閑かなり。

翻刻

望月のまどかなる事は。暫も住せず。
やがてかけぬ。心とどめぬ人は。一夜の中に。
さまでかはるさまもみえぬにやあらん。病の
をもるも住する隙なくして。死期既に
近し。されどもいまだ病急ならず。死に/k2-76l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0076.jpg

をもむかざる程は。常住平生の念に
習ひて。生の中におほくの事を成じ
て後。閑に道を修せんとおもふほどに。
病をうけて死門にのぞむ時。所願一事も
成ぜず。いふかひなくて。年月の懈怠を
悔て。此度若たちなをりて命をまた
くせば。夜を日につぎて。此事彼事。を
こたらず成じてんと願ひをおこすら
めど。やがてをもりぬれば。我にもあらず。
取みだしてはてぬ。此たぐひのみこそ/k2-77r
あらめ。此事まづ人々いそぎ心にをく
べし。所願を成じて後。暇ありて。道
にむかはんとせば。所願つくべからず。如幻の
生の中に。何事をかなさん。すべて所願
皆妄想也。所願心にきたらば。妄心迷乱
すと知て。一事をもなすべからず。直に万
事を放下して。道にむかふ時。さはり
なく。所作なくて。心身ながくしづか也/k2-77l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0077.jpg

text/turezure/k_tsurezure241.txt.txt · 最終更新: 2018/11/26 19:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa