Recent changes RSS feed

徒然草

第240段 しのぶの浦の蜑の見るめも所せくくらぶの山も守る人しげからんに・・・

校訂本文

しのぶの浦の蜑(あま)の見るめも所せく、くらぶの山も守(も)る人しげからんに、わりなく通はん心の色こそ、浅からず、あはれと思ふふしぶしの、忘れがたきことも多からめ。親はらから許して、ひたぶるに迎へ据ゑたらん、いとまばゆかりぬべし。

世にありわぶる女の、似げなき老法師、あやしの吾妻人なりとも、にぎははしきにつきて、「さそふ水あらば」など言ふを、仲人(なかうど)、いづかたも心にくきさまに言ひなして、知られず知らぬ人を、迎へもて来たらんあいなさよ。何ごとをかうち出づる言の葉にせん。年月のつらさをも、「分け来し葉山の」などもあひ語らはんこそ、尽きせぬ言の葉にてもあらめ。

すべて余所の人の取りまかなひたらん、うたて、心づきなきこと多かるべし。よき女ならんにつけても、品下り、見にくく、年も長(た)けなん男は、「かくあやしき身のために、あたら身をいたづらになさんやは」と、人も心劣りせられ、わが身は向ひ居たらんも、影恥づかしく思えなん。いとこそあいなからめ。

梅の花かうばしき夜の朧月(おぼろづき)にたたずみ、御垣(みかき)が原の露分け出でん在明の 空も、わが身さまにしのばるべくもなからん人は、ただ色好まざらんにはしかじ。

翻刻

しのぶの浦の蜑の見るめも。所せく。くらふ
の山も。もる人しげからんに。わりなく通はん
心の色こそ。浅からず哀とおもふふしぶし
の。忘れがたきこともおほからめ。おやはら
からゆるして。ひたふるにむかへすへたらん
いとまばゆかりぬべし。世にあり侘る女の。
にげなき老法師。あやしの吾妻人成
とも。にぎははしきにつきて。さそふ水あらば
など云をなか人何方も心にくきさまに
いひなして。しられずしらぬ人を。むかへ/k2-75l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0075.jpg

もて来たらんあいなさよ。何事をか。打
いづる言のはにせん。年月のつらさをも。
分こし葉山のなども。あひかたらはんこそ。
つきせぬ言のはにてもあらめ。すべて餘
所の人の取まかなひたらん。うたて心づき
なき事おほかるべし。よき女ならんにつけ
ても。品くだり見にくく。年も長なん
男は。かくあやしき身のために。あたら
身をいたづらになさんやはと。人も心をとり
せられ。わが身はむかひゐたらんも。/k2-76r
影はづかしく覚えなん。いとこそあいな
からめ。梅の花かうばしき夜の朧月に
たたずみ。みかきがはらの露分出ん在明の
空も。我身さまにしのばるべくもなからん
人は。たた色このまざらんにはしかし/k2-76l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0076.jpg

text/turezure/k_tsurezure240.txt.txt · 最終更新: 2018/11/26 18:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa