ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure237.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure237.txt [2018/11/20 21:54]
Satoshi Nakagawa 作成
text:turezure:k_tsurezure237.txt [2018/11/20 21:54] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 柳筥(やないばこ)に据ゆる物は、縦さま、横さま、物によるべきにや。 柳筥(やないばこ)に据ゆる物は、縦さま、横さま、物によるべきにや。
  
-「巻物などは、縦さまに置きて、木のあはひより、紙ひねりを通して結ひ付く。硯も縦さまに置きたる。筆転ばず、よし」と、三条右大臣殿仰られき。+「巻物などは、縦さまに置きて、木のあはひより、紙ひねりを通して結ひ付く。硯も縦さまに置きたる。筆転ばず、よし」と、三条右大臣殿られき。
  
 勘解由小路の家の能書の人々は、かりにも縦さまに置かるることなし。必ず横さまに据ゑられ侍りき。 勘解由小路の家の能書の人々は、かりにも縦さまに置かるることなし。必ず横さまに据ゑられ侍りき。


text/turezure/k_tsurezure237.txt.txt · 最終更新: 2018/11/20 21:54 by Satoshi Nakagawa