Recent changes RSS feed

徒然草

第237段 柳筥に据ゆる物は縦さま横さま物によるべきにや・・・

校訂本文

柳筥(やないばこ)に据ゆる物は、縦さま、横さま、物によるべきにや。

「巻物などは、縦さまに置きて、木のあはひより、紙ひねりを通して結ひ付く。硯も縦さまに置きたる。筆転ばず、よし」と、三条右大臣殿、仰せられき。

勘解由小路の家の能書の人々は、かりにも縦さまに置かるることなし。必ず横さまに据ゑられ侍りき。

翻刻

柳筥にすゆるものは。たてさま横様
物によるべきにや。巻物などはたてさま
にをきて。木のあはひより。紙ひねりを通
してゆひつく。硯もたてさまに置
たる。ふでころばずよしと。三条右大臣殿
仰られき。懈解由小路の家の能書
の人々は。かりにもたてさまにをかるる事/k2-70r
なし。必横様にすへられ侍りき/k2-70l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0070.jpg

text/turezure/k_tsurezure237.txt.txt · 最終更新: 2018/11/20 21:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa