Recent changes RSS feed

徒然草

第236段 丹波に出雲といふ所あり・・・

校訂本文

丹波に出雲といふ所あり。大社1)を移して、めでたく造れり。しだの某(なにがし)とかや知る所なれば、秋のころ、聖海上人、そのほかも人あまた誘ひて、「いざ給へ。出雲拝みに。かいもちひ召させん」とて、具しもて行きたるに、おのおの拝みて、ゆゆしく信おこしたり。

御前なる獅子・狛犬、そむきて後ろざまに立ちたりければ、上人、いみじく感じて、「あなめでたや。この獅子の立ちやう、いとめづらし。深きゆゑあらん」と涙ぐみて、「いかに殿ばら、殊勝の事は、御覧じとがめずや。無下なり」といへば、おのおの怪しみて、「まことに、ほかに異なりけり。都のつとに語らん」など言ふに、上人、なほゆかしがりて、おとなしく、物知りぬべき顔したる神官(じんぐわん)を呼びて、「この御社の獅子の立てられやう、定めて習ひあることに侍らん。ちと承はらばや」と言はれければ、「そのことに候ふ。さがなき童(わらはべ)どもの仕りける。奇怪に候ふことなり」とて、さし寄りて、据ゑ直して去にければ、上人の感涙いたづらになりにけり。

翻刻

丹波に。出雲と云所あり。大社をうつして。
めでたくつくれり。しだのなにがし
とかやしる所なれば。秋の比聖海上人
其外も。人あまたさそひて。いざ給へ。出雲
おがみに。かいもちいめさせんとて。具し
もていきたるに。各拝みて。ゆゆしく
信おこしたり。御前なる獅子こまいぬ。
そむきてうしろさまにたちたりければ。
上人いみじく感じてあなめでたや。此/k2-69r
獅子のたちやういとめづらし。ふかき故
あらんと涙ぐみていかに殿原殊勝
の事は。御覧じとがめずや。无下なり
といへは。各あやしみて。誠に外にこと
なりけり。都のつとにかたらんなど
いふに。上人なを床しがりて。おとなし
く物しりぬべき顔したる神官をよび
て。此御社の獅子のたてられやう。定て
ならひあることに侍らん。ちと承はら
ばやといはれければ。其事に候。さがなき/k2-69l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0069.jpg

わらはべどもの仕りける。奇怪に候こと也
とてさしよりて。すへなをしていにければ。
上人の感涙。いたづらになりにけり/k2-70r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0070.jpg

1)
出雲大社
text/turezure/k_tsurezure236.txt.txt · 最終更新: 2018/11/20 18:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa