Recent changes RSS feed

徒然草

第233段 よろづの咎あらじと思はば・・・

校訂本文

「よろづの咎(とが)あらじ」と思はば、何事にもまことありて、人を分かず、うやうやしく、言葉少なからんにはしかじ。

男女・老少、みなさる人こそよけれども、ことに若く形よき人の、言(こと)うるはしきは、忘れがたく、思ひつかるるものなり。

よろづの咎は、馴れたるさまに上手めき、所得たる気色として、人をないがしろにするにあり。

翻刻

万のとがあらじと思はば。何事にも
まことありて。人をわかずうやうやし
く。言葉すくなからんにはしかじ。男
女老少みなさる人こそよけれども。こ
とにわかくかたちよき人の。ことうるは
しきは忘れがたく。思ひつかるるもの
也。万のとがは。なれたるさまに上手/k2-67r
めき。所えたるけしきとして。人をない
がしろにするにあり/k2-67l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0067.jpg

text/turezure/k_tsurezure233.txt.txt · 最終更新: 2018/11/16 02:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa