Recent changes RSS feed

徒然草

第227段 六時礼讃は法然上人の弟子安楽といひける僧経文を集めて作りて・・・

校訂本文

六時礼讃(ろくじらいさん)は、法然上人の弟子、安楽といひける僧、経文を集めて作りて、勤めにしけり。

その後、太秦善観房(うづまさのぜんくわんぼう)といふ僧、節博士(ふしはかせ)を定めて、声明になせり。一念の念仏の最初なり。後嵯峨院1)の一代より始まれり。法事讃も、同じく善観房始めたるなり。

翻刻

六時礼賛は。法然上人の弟子安楽と
いひける僧。経文をあつめて造りて。つとめ
にしけり。其後太秦善観房といふ僧。
ふしはかせを定て声明になせり。一念
の念仏の最初也。後嵯峨院の一代より/k2-64r
はじまれり。法事讃も。同じく善観房
はじめたる也。千本の釈迦念仏は。文永/k2-64l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0064.jpg

1)
後嵯峨天皇
text/turezure/k_tsurezure227.txt.txt · 最終更新: 2018/11/13 18:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa